薄毛 対策 改善

なぜ男はハゲるのか

人の毛髪が抜ける病気にはさまざまなものがあります。円形脱毛症や杭がん剤の影響による脱毛も知られていますが、圧倒的に多いのは、青年期から中年期にかけての男性の薄毛でしよう。青年期から、「額が後退してきたかな?」「てっべんが薄<なってきたかも?」と気にする人も少なくありません。

 

いわゆる「男の薄毛」は、医学的には「男性型脱毛症(AGA)」という名前で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または両方から薄くなり、進行する症状のことをいいます。

 

遺伝や加齢などに加え、この男性型脱毛症にもっとも大きな影響を与えるのが「テストステロン」という男性ホルモン(アンドロゲン)の一種です。テス卜ステロンは男女ともに体内でつくられるホルモンですが、男性により多り、脱毛を促すシグナルを発信する物質はこれからつくられることがわかっています。

 

男性型脱毛症は、AGA (Androgenetic Alopecia)とも呼ばれ、成人男性が発症する脱毛のほとんどがこのAGAです。額の生え際や頭頂部の髪の毛が抜けて生えてこなくなったり、うぶ毛になっていくことで地肌が見えるようになり、これが進行してい<のが典型的な症状です。しかし耳の上から後頭部にかけての髪の毛は残っていることはよくあります。

 

これは「標的によって作用が変わる」というホルモンの性質から起こる現象です。実は男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、「毛を生やす」という作用があるのですが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素と結びつくと、ジヒド□テス卜ステ□ン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられます。

 

しかし後頭部と側頭部の毛乳頭には、このDHTと反応するレセプター(受容体)がほとんど存在しないため、脱毛も起こりにくいのです。

薄毛と増毛

テレビや雑誌などで、男性の薄毛の悩みに訴えかける広告を見ない曰はありません。それほど多くの人が薄毛に悩んでいるということでもあり、広告が絶えないということは、決定的な治療法がないということです。

 

薄毛を目立たなくさせたり、脱毛を遅らせたりする方法が、さまざまな耳ざわりのいい言葉で表現されていますが、その中身を見ていきましょう。

 

「増毛」という言葉は、見た目として髪の毛が増えることを意味します。単に「薄毛に見えない」という意味で主にかつら業界で使われる言葉です。かつらというと「かぶる」イメ?ジがありますが、現在では人工毛を残っている自分の髪の毛に結びつけるタイプなど、より自然に見える工夫がされています。

 

また、手軽なところでは細かい繊維や粒子を自毛に付着させ一本一本を太くする「スプレ?.なども増毛の一種といえます。

発毛、育毛、養毛の違い

「発毛」「育毛」「養毛」などの言葉は、ドラッグストアなどで手軽に買える医薬部外品や化粧品でもよく使われますが、あまり明確な定義はなく、それぞれの境界も定かではありません。

 

一般的には頭皮の皮脂を取り除いたり、頭皮の血行をよくすることを目的とした塗布剤などが「育毛剤」や「養毛剤」といわれ、さらに積極的に髪の毛を生やすことを目的とした民間療法が「発毛促進」などという言葉を使っています。